新着情報

◆2013/09/30
変換効率が良い単結晶シリコン型の情報を更新しました。
◆2013/09/30
製造コストが低い多結晶型シリコンの情報を更新しました。
◆2013/09/30
東京では全国的に恵まれた補助金があるの情報を更新しました。
◆2013/09/30
導入したオール電化の元を取るまでにはの情報を更新しました。
◆2013/09/18
運営者情報の情報を更新しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

変換効率が良い単結晶シリコン型

太陽光発電に必要な太陽電池にも、素材によってたくさんの種類があり、変換効率やコストなどそれぞれ違いがあるのです。 今日

製造コストが低い多結晶型シリコン

太陽電池の中の代表的な物に多結晶型シリコンという商品があります。 その製造の素材によって様々な種類があり、それぞれ変換

東京では全国的に恵まれた補助金がある

太陽光発電について、東日本大震災後、原発問題、計画停電などの影響から、東京都では2011年6月21日より、2009年から

断熱効果による節約

e34e06e2589de5aba3551874b2b95d8f_m_R太陽光発電の持つこれからの可能性として今、断熱効果による省エネが期待されています。
太陽光発電と断熱効果に何の関係があるのかと思われる方も多いと思いますが、今回は気になるその関係についてご説明します。
一般的な適正価格で導入太陽光発電システムは、太陽電池モジュールを屋根の上に設置するタイプです。
それは、屋根の上には太陽光を遮るものが少なく最も効率良くモジュールに太陽光を当てることが出来ることと、屋根の上では大きな板のような太陽電池モジュールを設置しても邪魔にならないことが理由です。
四季がある国日本。当然、夏は暑さ、冬は寒さが非常に厳しくなります。
そのため、現代の建物では一般的に室内にはエアコンやヒーターなどの空調設備が設置し快適さを求めます。
では昔の人々はどのように暮らしていたのでしょうか。
現代の建物と違い、伝統的な日本家屋には断熱を行うことにより、高い空調効果を得るという知恵が見られます。
夏には、外の暑さが入り込まないように、また入り込んでしまった熱は排出が出来るように。
そして冬には、室内の熱を外に逃さないようにと考えられています。
そのようにして、空調設備が無くても、快適さを手に入れてきたのです。
この日本家屋の断熱法は、屋根の上の太陽電池モジュールにおいても同じことが考えられます。
太陽電池モジュールという屋根をもう1枚設置することで、夏には屋根からの暑さが入り込むことを防ぎ、また冬には室内の熱を逃がさないように守ることが出来るのです。
調査結果の平均値は、夏でマイナス11度、冬にはプラス5度の空調効果があります。
上記のことから、今後の太陽光発電システムには、発電だけでなく断熱という観点から光熱費の削減や省エネという可能性が期待されているのです。